施工現場で便利なグループウェア

| コメント(0) | トラックバック(0)

現場の忙しい状況を改善するために重宝されている[プロジェクト管理システム]を紹介します。
限られた時間の中、時間を節約し効率よく業務を処理したい方には最適なツールです。

◆建設会社管理職の方へ
* 顧客に進捗状況情報の一部公開する事で顧客満足度が上がります
* 本社・支店建築管理者がネット上で全施工現場を状況を把握できます
* 複数の現場をシステムで管理すれば現場の進行状況も一目瞭然
* 近場、遠方など数ある現場に出向く時間、経費を削減できます
* 24時間365日いつでもどこでもインターネットでアクセス可能です
* CALS/ECに向けた準備、及び電子納品に必要な情報収集、体験が可能

◆現場職員の方へ
* 24時間365日いつでもどこでもインターネットでアクセス可能
* 作業所と協力業者との「連絡」、「指示」、「確認」がインターネットを利用して行うことができます。
* 様々な書類、各種図面などインターネット上のサーバーに置くことで、当事者間でデータの共有化を図ることができます。
* 協力業者との書類受渡しがネット上でできるので限られた時間を有効に活用することができます。
* 一元化情報が瞬時に協力業者へ行き渡るので伝達漏れがありません。
* 竣工時はサーバーの情報をCD、DVDに焼き竣工書類として保管・保存が簡単にできます。
* JV現場内等でLANで業務を行う場合、秘密情報の漏れ、ハードディスクの覗き見などに神経を使っていたが、インターネット上のサーバーを置く事ですべて回避できます。


上記の事ができる大変便利な プロジェクト管理システム
デモページをご用意しましたので、お問い合わせください。

◆仮設から躯体図、詳細図、タイル割りなど迅速に対応(株) 制作設計◆

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.440m2.com/mt-tb.cgi/26

コメントする

このブログ記事について

このページは、バカ棒が2006年1月24日 14:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「現場の聞こえない悲鳴・・・・・・・・・・」です。

次のブログ記事は「円山動物園展望レストハウス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.01