中国工事現場その2

| コメント(0) | トラックバック(0)

CIMG1720.jpg
この写真を見て「懐かしい??」と思わず一言出ると思います。
中国では「生コン」は普及途中でありまだ現場練りが主流です。
良いか悪いかは別にしてスランプ、水セメント比などどなってるのかな? 
真剣に考えると疲れますね。

想像ですが、概ねこのくらいの配合でいいだろうとミキサーに骨材、水、セメントを放り投げる。
作業員に声を掛けると手が止まり、話好きの中国人何杯入れたか忘れる・・・・・

こんな感じでしょうか(笑)

ミキサーからばっちゃに空け、クレーンで荷揚げし打設する。
その後バイブレータを突っ込み話だしたら大変、枠がパンクしても話してる(笑)  

これじゃ言いすぎですね。でもなんとなく想像つきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.440m2.com/mt-tb.cgi/88

コメントする

このブログ記事について

このページは、バカ棒が2006年3月 6日 10:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中国工事現場その1」です。

次のブログ記事は「遂に「札幌にも耐震偽装」 えっ、私ではありません」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.01