2006年6月アーカイブ

萩野病院改築工事
介護老人保健施設豊翔の郷
西春別町民体育館
石狩中央整形外科
琴似4-1(牛亭)
N4W20MS
北海道大学病院外来診療棟1階増築その他工事
札幌地区RF(北部)17年耐震補強工事
慶應大学下田施設
三ノ輪・国保マンション
ニトリ神谷店豊水すすきのプロジェクト新築工事
上組苫小牧物流センター
札苗保育園
クリアコート千歳
ティ・エム・メディカル有料老人ホーム
札幌銀行屯田支店新築工事
フードD恵庭店新築工事
野口観光紅葉館改装計画
モンレーブ小樽
エルズ新横浜
川崎駅西口堀川町
Dグランセ三田
ディアステージ習志野台
アイディーコート古河
目白クリニック
中村橋石坂マンション
渡辺シカマンション
千歳台塩野マンション
西葛西・関口マンション
富士見台吉田マンション
高山方面保育園
WGHプロジェクト
谷中邸
菊川・若林マンション
コスモ両国改修
成仁病院、大手町解体
グローリア初穂椎名町修繕
東京コーンズビル修繕
平岸2条MS新築工事
BTER新築工事
日本マクドナルド36号恵庭店新築工事
石巻ビル
旭ヶ丘4丁目ビル
ライジング八戸
グロリアガス充填所
ハッピー厚別店改修工事
フードD恵庭店新築工事
都営住宅村山
亀戸エビスヤビル
西五反田平森ビル
藤沢マンション
長太郎不動産本社ビル
葛西・西野マンション
ビバリーホームズ高井戸
県営追浜第二団地
みずほ銀行改修

様ざまな建物が竣工していきます。年間400以上の建物が生まれていきます

PL-HAPPY patinko

| コメント(0) | トラックバック(0)

PL-HAPPY.jpg
【工 事 名】   PL-HAPPY
【建築場所】   北海道
【工   期】   2006年2月-2006年6月竣工
【規模・構造】  地上3階 S造


パース・3Dなど何でもご相談ください.

外観02.jpg

鳥瞰01.jpg

内装03.jpg

▲価格などはお問い合わせください
絶対に負けない価格を提示します。ご予算の提示願います。

建設工事計画届

| コメント(0) | トラックバック(0)

建設工事計画届  安全衛生管理計画書88条申請

31m超える建物の工事計画です。当社では年間25本前後作成します
ご依頼いただいてから七日営業日で完成、但し図面の枚数により若干
日数が必要になります。書類一式+総合仮設、掘削工事、外部足場、
支保工、鉄骨建て方、コンクリート打設、その他計算書などを作成します。

C0859.jpg

▲是非一度ご検討願います   営業拠点 東京、札幌で作成

改正建築基準法など成立 構造計算書再チェック、一定規模以上に義務付け

 耐震強度偽装の再発防止を図るため、一定規模以上の建物について、専門機関による構造計算書の再チェックの義務付けや建築士らの罰則強化などを柱とする改正建築基準法など4つの改正法が14日、参院本会議で可決、成立した。半年?1年以内に施行する。

 改正建築基準法では、元1級建築士の姉歯秀次被告が行った偽装の多くを民間指定確認検査機関や自治体が見抜けなかったことから、高さが鉄筋コンクリート造りで20メートル、木造で13メートルを超える建物について、都道府県が新たに指定する専門機関が構造計算書を再チェックする仕組みを導入。3階建て以上の共同住宅には、建築確認と完了検査に加え、全国一律で工事途中の中間検査を義務付けた。

 また、構造計算書の偽造などによって危険な建物を造った建築士らに対する罰則は、現行で「罰金50万円以下」だったのを「3年以下の懲役または罰金300万円以下」に引き上げた。改正建築士法でも、建築士の名義貸しに「懲役1年以下または罰金100万円以下」の罰則を創設。

 住宅購入者保護のため、改正宅地建物取引業法では、建物の欠陥があった場合に建て替え費用などを賄う保険に建築主らが加入しているかどうかを、宅建業者が購入者へ説明することを義務付けた。
 改正建設業法では、建設業者に建設工事の請負契約時に加入している保険の内容を書面で交換することを定めた。

YAHOOニュースから 2006年6月13日

社団法人日本建築士事務所協会連合会発行  Argus-eye6月号に

平成18年度一級建築士の処分事例について建築士の処分事例などが詳しく載っていました。
国土交通省からの発表によりますと下記の数字が明らかになりました。
1、耐震偽装関連
1、東横イン違法改造関連
地区は、埼玉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県、熊本県で今回は全国で12人の一級建築士の処分が決まりました

このほかまだ明らかに全容解明が出来ていない事例などが全国にたくさんあり、今後さらに処分者が増えそうです。

【独り言】
皆さん、昔と時代が変り何事も順法精神で業務を行わないとあとで思わぬ事になりかねないです
今回の色々なことで建築に対する「情報公開」が求められるようになり昔と違い裁判係争が増えると思います。
一般的に受益者保護の観点から日本の風土では建築の「請負」ではなく「受け負け」に変りつつあります。被害者意識がハッキリ芽生え医者の世界と同じになり今までは裁判は時間がかかることに泣き寝入りした!、立証が難しいなど建築も同じで裁判に時間と費用を要したので諦めた!!ケースが多いと思います。今回の一連の事案に出てきた「ISOの書類}「施工図」など今後はゼネコンがISO9000シリーズ他沢山の内部資料がある事が一般に判りそれが裁判材料の立証する事が一般に認知されまいた。医者の世界ですと「カルテ」「処方箋」などですね。 実際医者の世界は「手術のビデオ撮り」などが常識になり情報の公開などに繋がっています。 建築も同じで問題がおきますと「書類等」で実証できなければ裁判では負ける!!!それを有利にするには「順法精神」で行かなければ思わぬ訴訟に合うことになる。

もう一度「建築業法はじめ建築関連の法律を確認しましょう。今後思わぬ落とし穴は「税法から来る印紙税の取り扱い」「建築士法など」「派遣法」などが一番危険である。

「税 法」施工図、承認図などの印紙税の関連
     以前にも話題になりましたが対応の仕方では膨大な税金が課せられるケースが時たま話題に

「建築士法」設計図、竣工図、竣工図などの作成
     設計図、施工図の作成など事務所登録の無い会社に委託してるケース

「派 遣」資格、登録の無い個人を使ってるケース、
     協力業者から人を借りるなど、特定、一般の免許の使い方に問題ある会社が殆ど
上記3点は え え え え え え・・・・・・何のことですか?と思う方が多いかもしれませんが、もう一度自己責任で確認する事が自己防衛に成ります。

■話題にならないように再確認しましょう・・・・・

大阪コスモスクエアー
▼縁があって大阪に行きHAYTTに泊まりちょっと散歩の写真
CIMG0709.jpg

CIMG0695.jpg

CIMG0729.jpg

CIMG0701.jpg

CIMG0705.jpg

CIMG0720.jpg

CIMG0727.jpg
▲ 皆さんも一度機会が有りましたら散歩でも如何ですか?
気になるのが運営の事業採算が合ってるのか聞きたいところですね

現場は星海公園に面してる工事現場です。私の常宿の隣で工事中
ホテルのようです。

CIMG0053.jpg
▲現在地下の工事中 ホテル塔の庇の配筋をしています。

CIMG0055.jpg
▲工事現場と大連中心部方向、見える建物はイベント会場です。

CIMG0058.jpg
▲地上45階のホテルです。 私は25階から撮影