ガウディ(サグラダ・ファミリア)の教会に危機?

| コメント(0) | トラックバック(0)

ガウディの教会に危機? トンネル建設計画に猛反発

 【パリ3日共同】スペインからの報道によると、同国東部バルセロナの観光名所で建築家ガウディ作のサグラダ・ファミリア(聖家族教会)のほぼ直下に、高速鉄道AVEのトンネルを建設する計画が持ち上がり、「大聖堂が危険にさらされる」と教会関係者らが猛反発している。
 教会下に全長約6キロのトンネルを建設する計画で、スペイン政府は「建設工事中に地盤がぐらつくなどの懸念はない。教会への影響はほとんどないか、皆無だ」と説明している。
 これに対し教会関係者は、地質の複雑さなどを考慮すると、トンネルは教会の建物の「永続性」に重大な危険をもたらす可能性があると主張。地元自治体などにトンネル建設中止の働き掛けを要請している。
 ガウディは1883年に教会の建設に着手。100年以上が過ぎた今も工事は継続中で、完成までにはなお数10年かかるとみられている。 (共同通信) - 7月3日6時16分更新

f21_15_35d2.jpg

■建築関連で従事する方は一度は訪問したい場所のようです
あなたも是非史跡(歴史)の進行形を確認しませんか?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.440m2.com/mt-tb.cgi/140

コメントする

このブログ記事について

このページは、バカ棒が2006年7月 3日 16:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「《2006年5月6月竣工現場》」です。

次のブログ記事は「「今さら受けたくない」建築士再試験」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.01