建築基準法改正(6月20日施行)について

| コメント(0) | トラックバック(0)

建築基準法改正(6月20日施行)について

期日が迫ってきましたので建築士会等などが最近PRしてる問題は立場によっては大変な改正です。 そもそも国交省(旧建設省)の様々な問題もうやむやにして全く着眼点をずらし正当化してる。一部の構造設計の問題を提起していましたが現実は奥が深く「誰が?」の諸悪の根源は・・・と思います。 

ま?其れはこの辺で本題に入ります。

先ず6月20日を境にいろいろと大きな影響があります。
確認申請時に整合性のないもの、食い違い、不明点など図面として問題ある場合は受付出来ない。従来の訂正印処理、図面の差し替えが一切できないことになります。ですからその様な事態が発生した場合は申請出しなおしになります。また、許可が下りたものにたいして変更は効かない為に申請を出しなおしになります
中間検査も有り変更があった場合は書類の出し直しになります。もちろん工事はストップです

確認申請許可下りて6月20日までに着工してる建築物
確認申請許可下りて6月20日までに着工できない建築物

■結論から申しますと設計の段階で変更が起きないように十分打ち合わせを行い申請しなければ大変なことになるようです。確認申請時の設計図通りに施工しないと問題が発生します。 
特に構造的な変更は先ず行わないことを考慮したほうがいいです。 

さぁどうなるのでしょう 。詳細、対応など今後の課題を残しながら日にちだけが6月20日に向かっていきます

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.440m2.com/mt-tb.cgi/224

コメントする

このブログ記事について

このページは、バカ棒が2007年4月25日 20:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大和生命札幌」です。

次のブログ記事は「6月20日に向けて駆け込み」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.01