2007年11月アーカイブ

当社の求人に札幌、東京、大阪と応募者が増えています。
以前札幌で2名決定しました事はお話しましたが大阪でも昨日1名決定しました。
一気に3名も決めて人件費も上がり大丈夫かな?
と自ら不安を抱えていれば社員に影響有りますが・・・「一升ますには一升しか入らない」
事を理解していただき会社の規模を拡大して行きます。
事業戦略に則った形なので問題ありません。
社員のモチベーションを上げるのにも必要な条件です。
この調子で一気に人数を増やし次期戦略の準備をしています。
今回、確認申請の問題で
思わぬ「宝の副産物」と歓迎して入社していただき
今後の計画を前進して行きます

現在仕事が有りません・・・・と言ったら不安でしょうね。
法律の改正で色々と問題が出てきており社会問題に成っています。
まもなく法律改正に伴う倒産が出てくるでしょう。
遅くても2008年3月から5月が山場だと思います。 
当社も人のことを考えてる余裕は有りませんが何故か人材を募集しております。 
今月に入り札幌、大阪と応募が沢山来ております。 
東京が欲しいのですが中々集まりません。
欲しい所に居なく充足してる所に人が居る。
昔の人は上手いことを言った。
親孝行したい時には親が居ない!!!此れですね。
当社もなぜこの不景気に、仕事が無いのに、仕事が減ってるのに、など
マイナスイメージが強い状況で新規求人をして居ります。
お蔭様で沢山来ています。
本当に不思議なくらいに来ております。この現象が現在の建設業なのでしょう。
今後ですが積極的に営業して行きます。
十分競争に勝てます。頑張りましょう。
さ?これからどうなるか?

◇本日2人決定しました。 あなたも是非応募してみてください
共に頑張りましょう。

◆此処は郊外大型店舗の建設現場5万平米ある大型店です。
 2008年3月竣工で急ピッチに行われています
◆気持ちよく背伸びをしています。この天気では仕事もはかどります。
DSC07296.jpg

DSC07295.jpg
◎施工図でお世話になっております。全部で250枚の見積もりです。90%完成しております

冗談抜きに社会問題

| コメント(0) | トラックバック(0)

確認申請は何処へ行った!!!
6月20日で建築基準法改正は未だ深刻な状態になっていません
がソロソロ異変が出てきています。「技能工が余っている」 
ええええ・・・・本当ですか?とこんな状況は30年以来始めての経験です。
新聞の見出し
■建築基準法改正で新規着工が大幅な遅れ!!!!!■
--------------------------------------------------
建築現場からこんな声が聞こえます
職人が大量に入ってる。いつもの倍入ってる
工期が早くなりよい事だが他が追いつかない
下請けがこの現場で受け入れてくれないと他に行きます・・
基礎掘り始めて直ぐに早く上階の躯体図、施工図のください。
北海道は仕事がなければ出稼ぎに本州へ行きます。行ったら
春まで戻らないのでゼネンコンも深刻です。
 ↑これ今年の場合は結構ゼネコンにとっては大変なことになる
 確認が遅いだけで12月以降春先までに仕事が出たら出来ない
ことになります。だから有る意味「脅しに」なってる。
---------------------------------------------------
○このような状況なので施工図も大変です。 急げ急げ・・・・・・
現在仕事が少ないので何とかなりますが・・・おかしな現象になっ
ております。
○また、当社は通年人材を募集していますが・・・これも異変です。
札幌、大阪はハローワークを通じ結構問い合わせが多いです。
仕事が少ないときに・・と思いますが。ある意味チャンスです。
昨日2人採用決めました。

■本当にどこへ行ったのでしょう。■本当にどこへ行ったのでしょう。
2007年6月20日で法律が変わり世の中も変わりました。事の発端は・・・・・・(省略)講習会に行きましたが何も決まっていない。

約3時間拘束され、国交省の責任回避の答弁説明が行われた。我々専門家から言いますと今流行の言葉で「そんなの関係ない!、そんなの関係ない!」と言う気分です。

そもそも国交省(旧建設省)が天下り先を作った民間の検査機関、構造計算書ソフトを改造できるようにして認可・・・等々色々あるかと思います。それを監督官庁が責任回避して国民の財産を守る為に・・・・なんて分けのわからない言い訳を始めた。

矛先を別な方面に向け始めた。今まで天下り先(問題根源)を一生懸命つくり、問題が起きたらしらんぞんぜん、今度言い出したのは国民の財産を守り為と言い出した。挙句の果て法律全体(建築基準法に手を付けた)を変えるなどを考えたが未だに中身が決まらない。

そうです、いま国交省が行おうとしてることは自分の首を絞めることになりかねないのである。法律を此れだけ変えて何かあったら今度国交省の責任問題(過去現在と問題を抱えてる薬害など省のお墨付きの物を国民に押し付)検査も国交省、指定検査機関が遣りますので今度は大変でしょう。

責任逃れはできませんね。次から次と損害賠償の話があるかもしれない???ね。中々下りない条件の一つでもあります。 11月に入り12月から3月頃の着工が多くなるので忙しくなる・・・との予想??? 本当かな