届け出は「9階建て」、本当は「11階建て」

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆大阪市内のマンション5棟が、市への届けより高い階数で建物を建てていたことが13日分かった。中には9階建てで届けて11階建てにしていたマンションもあった。

 大阪市は「本来より高い階数で建てると、建物の重量が増し、強度に問題が生じる恐れがある」としているが、極端な強度不足はなく、避難の必要はないとみている。高さや強度が建築基準法に違反する可能性があり、ほかに同様の建物がないか調べる。

 違反があれば、5棟を所有する大阪市内の会社に階数を減らすなどの改善を求める。この5棟は平成元年?6年に市に建築を届けたが、工事の完了を届けず、完成後の検査もしないまま賃貸住宅として使われている。

ネタは http://www.iza.ne.jp/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.440m2.com/mt-tb.cgi/279

コメントする

このブログ記事について

このページは、バカ棒が2008年5月24日 04:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「現場監督の・・・・・・・・」です。

次のブログ記事は「耐震強度不足の24棟解体へ 都市再生機構」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.01