2008年11月アーカイブ

改正建築士法がスタート
構造計算偽装問題から波及して最後には「建築士法」の改正まで行った。
今回、建築士会の開催で解説が行われたので6,000円会費で参加してきました。
参加者200名 
主な改正要点
1、建築士試験制度の見直し、定期講習会の受講の義務付け
2、構造設計一級建築士、設備設計一級建築士の創設
3、設計・工事監理の業務の適正化、消費者への情報公開
4、団体による自律的な監督体制の確立
5、設計報酬の基準などの見直し
細かい説明は政省令の解説を読んでください。
DSC05343.jpg
今回4時間ほどの解説、〇〇省のお役人が来て説明していました。
冒頭の説明が気に入らなかったが・・・
自分たちの利益誘導で民間に審査機関を作り天下り先を確保して
その機関の担当者はお役人の天下りで構造計算なんか判らない人が多く
「メクラ判を」押した結果が〇〇による偽装問題につながった。

その尻拭きを「〇〇省の役人は」国民の財産を守る為に今回の
改正を行った
・・・・と今回も大きな声で発言、

◆此処でちょっと我慢

その後も色々と解説が続き・・・
結局新たに新しい登録制度・・・となる分けのわからない指定団体を作りました。

(笑)困った物です。此処で昔の桔梗やとお代官様の登場です。

また、〇築〇務〇協〇、〇築〇会〇合〇などは
法律的に位置づけを(お墨付き)貰い・・
今度は政治献金を行う団体になったようです。

〇治〇金若しくは〇人のお手当てなどに回るのか
判りませんが今回新たにお金回収システムが明らかになりました。
一級、二級建築士、構造、設備建築士など沢山になり登録手数料、
更新手数料、定期講習、CPD登録など毎年、隔年、3年毎に数十万人から
お金を吸い上げるシステムが出来上がっております。 いいな?いいな?

★私の席の周りでこの様なヒソヒソ話が聞こえていました。★
私もそれを聞き妙に同感な気持ちになりました。

困った物です。
建設不況が真盛りですがそれに全く縁のない監督官庁、関係団体は★バブルのようです。

水戸黄門を見よう(笑)

11月に入り建築業界も冬眠の用意をしてるのかな?
今年に入り得意先が4件民事再生を申請しました。
当社は札幌、東京、大阪と営業範囲が広いので
上場企業が民事再生出しますとどこかの営業所で
パンチを食らいます。人件費入れますとダブルパンチ
図面代〇〇〇万円の債権あります
それにプラス人件費を足しますと4桁になるでしょう
これから年末、決算3月などが間もなくきます。
どうなるのか判りませんが余り良い話が聞こえてこない。

その中でも弊社は頑張っています。
優秀な技術者と営業マンがおりますのでお客様との
パイプがどんどん延長され新しくパイプが増えて行きます。
また、毛細血管が増殖されて行きますので小さな仕事も
お手伝いしており「よろずや相談」的お手伝い。
お金、予算が無いが・・・と言われるが
お金は後で着いてきますので・・・とニコニコ、
あまり付いて来ないが(笑)

お陰様で「よろず相談が・・・」金のワラジを履いて
きましたので大型物件のスタート、
年明け早々に始まる明るい話が数件来ております。
施工図代金だけでも〇千万円が3本
嬉しいがちょっと心配ですね。大型になると
1ヶ月の出来高も大きくなり・・・そこで民事再生なんて
出されたら大変な事になります。
まぁこの案件のお客様には「噂」が無いので安心しておりますが・・・・