住宅の品質確保の促進等に関する法律 と 施工図

| コメント(0) | トラックバック(0)

先月「住宅の品質確保」による講習、考査を受けてきました。4日間の講習と試験、

主に住宅(戸建・共同住宅)の品質確保を定める基準に沿って施工された建物には一定の評価をして格付けを行う。また、瑕疵担保の明確な内容表記など、従来と違った観点からの品質保証である。

此れに基づいて施工された建物はそうでない建物と不動産評価基準が違うようです。今回の講習はその評価制度により認定期間、評価員講習会である。 

此れが結構面白い試験である96問出てマークシート方式、ま?落とす為の試験にも見えてきました。2時間で行いますので私にはギリギリの時間配分、最後5分余ったので1問見直ししたら引っ掛け問題でした(笑)さて、結果は1月後に発表です。試験が受かっても何かメリットが有るか?と言うと何も無い。

その期間に勤務して生きてくる評価員試験である。

◆住宅の品質確保の促進等に関する法律
国土交通省 住宅局 住宅生産課 TEL:03-5253-8111(代)
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/hinkaku/hinkaku.htm

◆住宅の品質確保の促進等に関する法律(住宅品質確保法)に基づき、登録住宅性能 評価機関(評価機関)から住宅性能評価を実施する評価員として選任を受けるために 必要な要件となる法定講習です。
http://www.chord.or.jp/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.440m2.com/mt-tb.cgi/303

コメントする

このブログ記事について

このページは、バカ棒が2008年12月 2日 14:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「改正(改悪)建築士法がスタート国交省から届いた」です。

次のブログ記事は「札幌中心部」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.01