会社の近くで・・・・・・施工図

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆私の性格上タワーを見ますと うん?と感激します。
少なくても工事代金10億以上になります。だからタワーを見ましたら建設費の金額が想像着きます。また、予算がある現場、ない現場もすぐに判ります。 一種の職業病(笑)かもしれませんね。

DSC05453.jpg

◆タワークレーン
昔(バブルの頃)オペレーター(運転手)が不足していましたのでその当時高給取りで持てはやされていましたが現在ではクレーンの数が少ないのでオペレーターも余っています。 バブルの頃のタワーの余った物は中東など世界各国に移動して使用されていますが
オペレーターはそう行かなく仕事がない今は悲しいです。

こちらは某ハウスメーカーの施主で事務所ビル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.440m2.com/mt-tb.cgi/306

コメントする

このブログ記事について

このページは、バカ棒が2008年12月24日 15:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大阪駅周辺タワークレーンと施工図」です。

次のブログ記事は「建築技術者求人と施工図」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.01