020)建築施工現場の最近のブログ記事

浅草近くににょっこりと現れてきました。
地下鉄周辺も工事中です。
20100503Tokyo nikko yokohama asakusa182.jpg

20100503Tokyo nikko yokohama asakusa177.jpg

20100503Tokyo nikko yokohama asakusa190.jpg

都内では未だタワークレーンが少なくリースやさんも大変のようです。

話は変わりますが最上部のアンテナ類をどの様に施工するか分かる方は
メッセージ残してください。 楽しい意見をお待ちしております。

また、この工事最後には中心部の丸柱構造部にコンクリートを打設します
その時の施工風景を見学したいものです。

無事故無災害で完成を祈願します


冬の現場に

| コメント(0) | トラックバック(0)

年末のあいさつ回りで全国的に皆様の所に挨拶に伺っております。
此処は北海道小樽、
営業所のある札幌は雪が少ないが札幌から離れた地方は雪が多い
経験された方でないと厳しさが分からないです。

4172694357_0393494779_o.jpg

もう12月になり全国的に年末のあいさつ回りが始まっております
弊社も札幌、東京、大阪と営業所が有りますので年末の挨拶が
始まっております。

全国に現在150程の現場に携わり動いております。
その中で派遣と施工図でお世話になっております。

全部のあいさつ回りが出来ないのでなるべく早めに回っておりますが
北海道では雪景色、大阪では晴天と地域差がはっきりしております。

現場の方も大変です。
北海道では事務所、現場内は暖房設備が完備が必須になります
「暖房費」は一冬現場の大きさ機関などにより○○○万掛ります
殆ど灯油を燃やし暖房

さて、この現場は苫小牧
冬期間は現場がお休みになりますので躯体(鉄筋)も囲い春まで
待ちます。

4169108574_07baa599d7_o.jpg

北海道のクマと同じで冬眠します。
冬の期間は効率悪く「暖房費」「除雪費」など降雪のないところでは
無縁の項目です。
鉄筋が組終わって明日がコンクリート打設の時夕方から朝まで雪
が降りますと最悪です
この様な時はどうしますか解りますか?
当然、翌日の打設は中止です。

すぐに除雪を行いますが「梁型、柱型」に溜まった雪はどうしましょう
1、温水で溶かす
2、手作業で雪をとり省く
3、なにもしないで自然に任せる

えたこ>>2

1、温水で溶かした場合気温がプラス温度で有れば良いのですが
必ず凍結の事を考えなければなりません。融けたものが凍結しますと
最悪な状況になります。

北海道では躯体工事が冬期間行われるときは必ず「上屋」を検討します
予算が結構かかります。

☆上屋=建屋現場をすっぽりシートで囲います。

北海道のへそ 富良野 ふらの・・・

北の国からで有名になりました富良野です。

此処にポテトチップスの加工、貯蔵所が出来ます。

大きい建物

カルビーのポテトチップスで有名になりました北海道のジャガイモ

北海道のジャガイモは特に美味しいと諸外国からも称賛です
CIMG0041.JPG

お客様○○○○札幌支店へ行く途中の一コマ

札幌駅前通りと大通りの交差点に銀行本店建物建設中
札幌では珍しくタワーが2基立っております

DSC08489.jpg

青空の元気持ちよく伸びています。

鉄筋加工詳細図

最近、依頼が多くなりました「鉄筋加工詳細図」書ける方が居なくなったのか、以前は鉄筋工事専門職のところで拾いついでに書いていたケースありますが最近ではほとんど書きません

 また、構造基準が変ったこと、スピードが要求される事で対応してる施工図会社も少ないようです。 当社ではそのような要望に応えれるスタッフがおりますので殆どの物件は社内処理しています。

それと関連しても事か分かりませんが施工図を書く前に鉄筋加工詳細を書いてから躯体図(基礎)などを書くように変更しております。 殆ど同時進行で行わないと工期的に間に合わないので忙しいです。 

基礎工事には必ずトラブルになりやすい部分を優先しておさまりを検討、
特に鉄骨工事では基礎にアンカーボルトが入るのでより複雑、それも速やかにおさまりを考え提出、このように事前検討をかけていますので上階でのトラブルがありません。

構造設計図では納まらないケースが50%近くあります。 後で問題になり型枠をバラシたり、鉄筋の組直しを行ったりで結構出戻りが多いようです。

そこで弊社では鉄筋の加工を積極的に応援しております。 まずは事前確認してから型枠、鉄筋を段取りしましょう。

★現場配筋検査で指摘事項が発生して解体し再施工した現場が発生しております。 時間、経費が無駄になっております。

鉄筋加工図のご用命は各営業所へお尋ねください

今日はこの近くにあるお客様のところに挨拶
東京に居た方が大阪市支店に転勤になったので
挨拶に来ました。

この周辺の地区は現在日本で一番元気がいいかもしれません。
ここには派遣でお世話になっています
DSC06940.jpg

北洋センター
札幌大通りと駅前通に交差してるところに旧北海道拓殖銀行本店が
有りました所に統合後旧社屋を取り壊し新しい北洋銀行の社屋に生まれ変わります。
様々な歴史をくぐり最後には破産状態で北洋銀行に救済され(統合)現在に至ります。

 ここには大理石張りの重厚な建物で銀行の本店を窺わせる雰囲気の建物でした。 
其れが昨年取りこわされ順調に進んでおります。 
ちょっと前までは目の前の大通り公園で雪まつりなどが行われていました。
タワーものびのびしており工事も順調のようです。

DSC06000.jpg

DSC06012.jpg

札幌では駅前通りにめんしてもうひとつ大きなビル建設が進んでおります。
旧三井ビルの跡地に大規模なビルが計画が現在基礎工事が進んでおります。

建築には施工図を元に仕事をします。雪像つくりにも図面が必要です。 施工図までは必要ないのですが・・・・足場が取れたら見事な雪像が姿を現します。

【杭打ちとジャンプ場】
DSC05721.jpg
手前左で基礎工事しております。 右側にジャンプ台が目に付きます。

【高層ビル建築と雪像の構築】
DSC05751.jpg
手前で雪像つくりの準備をしております。奥にタワー2機建築工事をしております。

寒い中御苦労様です。
こちらでは盛んに旧建物の地下部分の既存施設の撤去が行われています。 約半丁角のスペースに合った建物を解体し基礎工事を行っています。

DSC05716.jpg
◆道庁赤レンガ前三井ビル工事現場

札幌では駅前通りに面して大通りまで2ヶ所の大きな現場が稼動中です。 写真のように雪があり寒冷地ですので寒く外で働く方は大変です。冬季間現場は暖房を必要とする場合が多く燃料に白灯油を炊きます。専用の暖房機が用意されそれを必要に応じて用意

話しは変わりますが札幌では2月5日初旬から始まりますので大通り公園に隣接する工事現場はこれから緊張の期間に入ります。

冬ですので一番気を使うのがゲート前の歩道、歩道は養生に鉄板を敷きますがそこに雪が乗りますと「滑る」「凍る」など厄介な鉄板に変わります。そこで安全面でロードヒーティング(ゴムマット状)を考えたりするのですが重機、重車両には耐えられなく痛し痒し、結局コマ目に排雪作業を行わなければなりません。

また、鉄板むき出しですと、歩行者の靴に付いた雪で自らすべり転倒することもありえますので本当に冬の現場は大変です。
注意しましょうね。

DSC05691.jpg
◆写真は札幌北洋ホールディングス
http://www.sapporohokuyo.co.jp/index.html

庁舎の施工図

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆こちらは小樽です。札幌から高速で40分港町小樽です

官庁工事の現場です。完成は来年2月まで、
寒い北海道の現場は12月下旬頃から冬季養生をしながら工事を進めます。 養生ですがスッポリ建物をシートで囲い中は暖房しております。

中の温度は外気温と密接な関係にありますが凍結しない温度になっております。 外気が0度ですと中は5度から10度ほどに暖めます。
暖める設備は灯油を燃焼させて温めます。

此処の工事現場は5万M2ですのであれを暖めるとなりますと月間灯油代金が数百万になるでしょうね。
灯油の値段が今年は昨年の半値になりましたので問題ありませんが昨年の価格ですとお手上げです。

◆写真右が現在の建物
DSC05679.jpg
◆現在工事中ですので建物をスッポリ囲っています。
DSC05677.jpg
◆写真左が小樽港
DSC05678.jpg

◆上野芝プロジェクト
%E4%B8%8A%E9%87%8E%E8%8A%9D.jpg

◆大阪市西区上野芝5丁 マンションA-E棟 240戸が着工です。
延べ面積 約3万平米あります。

◆私の性格上タワーを見ますと うん?と感激します。
少なくても工事代金10億以上になります。だからタワーを見ましたら建設費の金額が想像着きます。また、予算がある現場、ない現場もすぐに判ります。 一種の職業病(笑)かもしれませんね。

DSC05453.jpg

◆タワークレーン
昔(バブルの頃)オペレーター(運転手)が不足していましたのでその当時高給取りで持てはやされていましたが現在ではクレーンの数が少ないのでオペレーターも余っています。 バブルの頃のタワーの余った物は中東など世界各国に移動して使用されていますが
オペレーターはそう行かなく仕事がない今は悲しいです。

こちらは某ハウスメーカーの施主で事務所ビル

大阪駅周辺のタワークレーン

DSC05483.jpg

DSC05481.jpg

DSC05460.jpg

DSC05448.jpg

DSC05449.jpg


◆駅周辺に・・・・・・
年末の挨拶回りに大阪駅周辺から本町までお世話に成ってる
お客様のところに年末の挨拶回り。1年でお客様も15社になり
大変喜んでおります。

現在動いてる現場約30ヶ所お世話に成っております。
私がスタッフと一緒に支店、本社の挨拶回り
その途中で見かけたクレーンの現場写真です。

何処も元気良く動いております。
私の世代ですとクレーンを見ますと気持ちがいいですね。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち020)建築施工現場カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは000)バカ棒のひとり言です。

次のカテゴリは021)派遣のお話です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.01